ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。
ここからヘッダー内メニューです。
  • ホーム
  • サイトマップ
ここからサイト内共通メニューです。
ここから本文です。
このページは、
  1. トップページの中の
  2. 事業所一覧の中の
  3. 平塚工場
のページです。

平塚工場

多種多様な医薬品を高品質かつ安全につくり出す技術力

平塚工場は敷地面積266,000m2を有し、1966年(昭和41年)に消化酵素タカヂアスターゼの原薬製造工場として操業を開始しました。その後、他工場からの品目移管や新製品立ち上げにより成長を続け、第一三共グループの主力となる製剤工場に発展しています。
2005年には抗高血圧製剤の米国への輸出を開始し、第一三共グループのグローバル工場としての地位を確立しました。また、同一敷地内に第一三共(株)製薬技術本部の研究所が隣接しており、研究所と連携して患者さんが待ち望む高品質な医薬品の早期上市に向けて取り組んでいます。
平塚工場では、多くの種類の医薬品を製造しており、固形製剤(抗高血圧剤、解熱・鎮痛剤、抗不整脈剤)や注射剤(ビタミン剤)など、多くの人達の健康に貢献できることを誇りに医薬品の安定供給を続けています。
ISO14001に基づいた環境マネジメントシステムや、OHSMSによる安全衛生管理は勿論の事として、継続的な品質向上や安定供給の確保、地域住民との日常的なコミュニケーションに積極的に取り組んでいます。
私達は信頼される医薬品づくりを通じて、患者や医療関係者の方々、地域住民の皆様から「安心と信頼」を得られることを目指して活動を続けていきます。


混合工程


造粒工程


打錠工程


アンプル製造工程


包装工程全景


品質試験

高品質の医薬品をつくるためには、高いレベルの技術と設備、基準が必要です。私たち従業員は「高品質・安定供給・コストパフォーマンス、そしてスピード(迅速な対応)」を合い言葉に、最新鋭の製造機器と最新の生産技術を駆使し、定められた厳格なルールの下で信頼される医薬品づくりに努めています。

ここからフッター内メニューです。

このページの上部へ

ページの終わりです。 ページのトップへ戻ります。